プロップス(ヨガで使う道具)について

スタジオチャーパでは、様々なプロップス(ヨガで使う道具)を用意しました。

ロープウォール↓↓↓や、

ブロック、ボルスター、ブランケット、↓↓↓

ベルト↓↓↓

道具が増えると、なにやら難しいことをやらなければならないのではないか、と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、その逆です。

プロップスはいろいろなポーズの補助をしてくれます。

身体が固い方や、筋力が弱い方でも同じようにポーズの効果を得るためにプロップスを使い、正しいポーズの位置、正しい身体の位置でアーサナをしていきます。

下記はロープウォール使用の一例ですが、

ダウンドックは自体重を支えながら身体背面の伸びを感じていかなければいけません。

このようにロープを使うことで、重みを半減でき、より背面の伸びに集中することができます。

ヨガのポーズは一見簡単に見えるものでも、意識しなければいけないこと、やらなければならないことがたくさんあります。

最初はやらなければいけないこと全部を意識することはとても難しいです。プロップスを使って、負担を減らし、そのポーズで得たい効果を身体で感じていくために使っていくのがプロップスです。

プロップスで負荷を増やし、効果をより実感するために使うこともありますが、多くは補助の役割です。

 

身体が固いと「ヨガはちょっと…」と、敬遠しがちですが、固い方こそぜひチャーパにお越しください。

ナマステ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です