筋肉ガイド:僧帽筋(そうぼうきん)

2018年以来の超超超久々の投稿となってしまいました。

今さら更新した所で皆さんの目に入るのだろうか、という一抹の不安は置いといて、

今回は僧帽筋(そうぼうきん)という肩こりにかなり影響する筋肉をご紹介していきます。

まず、場所、こちら↓

 

 

 

 

 

お坊さんの被る頭巾に似てるからこの名前が付いたそうで、

←こんなの

 

 

 

多くの人がこの僧帽筋を背負ってる状態になっていて、(頭巾を深めに被っている状態)

ここがゴリゴリに張っている人は、常に肩が上がった状態で過ごしています。

でも、本人は無自覚。緊張もしてないのに、「緊張してない?大丈夫?」と言われたことある人いませんか?(笑)

 

だから「肩を下ろして」と言われたらこの僧帽筋ごと下ろそうとしてください。

頭巾を足元にスッと落とすように僧帽筋を下ろす。エレガントにどうぞ。

あと、最後のシャバーサナの時も、出来るだけ僧帽筋を下ろした状態で入れるとよりリラックス出来ます。

ほんの少しでもマットに僧帽筋をスライドさせて下に下ろしてみましょう。肩首がスッと軽くなりますよ。

 

「あ~首が張っている」、「肩が重い」、これらは大体僧帽筋が原因。

そんな時は、筋肉の際(キワ)(筋肉の始まりや終わりの部分)をマッサージしてあげるとちょっとは楽になります。

例えばここ↓

 

 

 

 

鎖骨の背中側、肩に近い方を、握りこぶし第一関節で優しく刺激してあげるとか。

指先よりも指の第一関節を使った方が強くなりすぎないでおススメでござーます。

あ、コロコロを使うのも手ですね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です